気になるマンスリーマンションの間取りについて

マンスリーマンションの間取りとは?一人暮らし物件以外もある?


一人暮らしや単身赴任向けとして人気や需要が高くなっているマンスリーマンションですが、ほとんど管理会社では様々な間取りの住宅物件を用意しています。
もちろん、最も多い間取りはワンルーム等の一人暮らし向けタイプとなっています。しかし、中には家族で生活が出来るように2LDK以上の広々とした間取りのマンスリーマンションも存在します。
出張等の決められた期間であっても家族と一緒に暮らしたいといった方や友達とルームシェアをして暮らしたいといった様々なニーズが多くある事から幅広い間取りの物件を取り扱っている管理会社が増えてきています。
マンスリーマンションを契約する際には、ワンルームだけではなくその他の間取りから好みた予算に合わせてグレードを選ぶ事が出来ます。


マンスリーマンションは、間取りや入居人数が増えるとどうなる?


一般的な賃貸物件では、入居人数が増えたからといって費用が大きくなる事は滅多にありません。しかし、マンスリーマンションでは契約時にしっかりと入居人数を伝える事が必要になります。最も多い1人での利用を想定してガスや水道といった光熱費が前払いの家賃に含まれている場合が多い事が理由として挙げられます。家賃自体に変動がなくても入居する人数が増えると光熱費を少し余分に支払う可能性があるといった点に注意が必要です。
また、ワンルームより広い間取りを契約する場合もグレードやランクが上がる事で利用料金が異なってきます。契約をする前に間取りやランク別の設備は確認する事が出来るので最低限必要な設備と環境が整えられている物件を選ぶ事で費用を抑える事が出来ます。

マンスリーマンションを東京で探す場合、豊富な物件の中から選択できるため、より満足度の高い物件に出会えます。